ryouma-nagareのブログ

IT関連の勉強会や、イベントのメモなどを書いていきます。

Elastic{ON} Tour - Tokyo に行ってきました

Tokyo 2016 | Elastic

仕事の都合で午後から参加。

OSSの社内IT活用をインフラ担当社員で支えるには

ソフトバンクグループのグループ内向けインフラのお話

  • OSSはただでしょ?
  • 社員使えば余計な人件費はかからないでしょ?

と言われるがそれは無理です。という枕から開始。

  • アグリゲータはfluentd、nginxを使用
    • Dockerです
    • 冗長性担保のため、LBはさみまくり
  • kibana、TribeNodeはVM
  • サーバなどの在庫管理などに使うためにマスタデータもPostgreSQLからElasticSearchに転送している。
    • 運用者がすべてkibanaだけで確認できるようにしている
  • OSSを使い続けるにはコミッターに近いような人を中で抱えるか、サポートを活用する必要があります。というのが結論。
  • ソフトバンクがARMを買収したので、孫会長から社内のITにもARM使えというプレッシャーが。
    • ElasticSearchをARMで動くようにしてもらいたい!

というお願いで終わり。

Search Functionality and Log Management with Elastic Stack at Fast Retailing

  • ファーストリテイリングは商品の管理をElasticsearchで行っています。
  • 店舗ごとにインデックスを作成
  • 15〜20分で、800店舗分の在庫情報は取り込める。

  • スキーマ変更もElasticsearchなら簡単。

    • RDBMSでは容易ではない。

今までならRDBMSを使っていたところにもElasticSearchが適用できるんだなと感じた。

日立IoTプラットフォームにおけるElastic Stackの活用事例

工場などでは各ノードがそのままデータを上げるのではなく、エッジコンピューティングで処理したあと、IoTゲートウェイからHeadendへ送出するのが効率的なんですね。

  • ノードからデータ送出
    • beatsでタグ付け
    • logstashで収集&整形して送出
    • elasticsearchに格納
    • kibanaで可視化

ためになる構成の知見を得られました。

ENdoSnipe における Elasticsearch 導入の効果 ~システム可視化、診断の高度化に向けて~

http://www.endosnipe.com/ のお話。

分析系など可視化を前提としたシステムはもはやRDBではまかなえないですね。

その他

ノベルティはカラフル。 f:id:ryouma-nagare:20161216102536p:plain

筒に入っているのはLightningケーブル。ノベルティにお金かけてますね。(Andorid用もありました) f:id:ryouma-nagare:20161216101150p:plain

ヒゲのLogstashも含めてElastic Stackのシールが揃った。 この後、beatsもX-Packも貼った。 f:id:ryouma-nagare:20161216101145p:plain